思い出のたどる道
更新不定期のきまぐれ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いだしたのでバトン~

こんにちは
一日遅れで昨日の日記を・・・
といってもほとんど書くことないわけですが(汗
最近花粉症でつらくなってきてます(つД`)
寝る時間は7~8時間とれてるはずなんですが、浅い睡眠のようで起きても体がだるい、眠い・・・
目は涙で固まるし、ゴミ箱はティッシュの山(汗
昨日の夜もPCで音楽流しつつ本読んでたらいつの間にか寝てました・・・
PCの上に置いていた携帯の振動でびっくりして目覚めましたがw
花粉症のときは、ヨーグルト?紅茶?
その前に病院行って薬もらってこないとダメですかね・・?



これだけというのもつまらないので、周様からずいぶん前に回ってきたバトンしておきたいと思います。
続きから~



バトンの名称は
「  」バトン
「  」の部分を回す人が指定するみたいです。
周様からは「本」を回されたので「本」入れて答えていきたいと思います。



1.PCもしくは本棚に入っている『本』
  本棚に入ってる本て・・・w
  普通ですよね(笑
  一応一人暮らししてから買った小説が入ってます。
  ジャンル的にはSF、ファンタジー系が多いかな・・?
  後は軽い詩とか、星座の写真集とか、恋愛小説も多少入ってるかも
  漫画はROのアンソロが少しあるくらいですね。
  PCで小説は読んだことがありません
  

2.今妄想している『本』
  エr・・・げふんげふん、ナンデモナイデスヨ


  んー妄想って表現が捕らえにくいのですが、今頭の中で渦巻いている本の一説なら
  「オグ・マンディーノ」の「この世で一番の奇跡」って本に出てくる元気の出る言葉、通
  称「神の覚え書き」っていうのが今頭の中に強く残ってます。
  かなり前に買った本なのですが、今読んでも面白かったですね。
  生きてるってすごいことなんだと思いださせてくれる本ですよ。


3.最初に出会った『本』
  覚えている限りでは、「星座の図鑑」とか「魚の図鑑」とか図鑑類だったと思いま
  す。
  兄貴がもってた本なんですけど、幼稚園くらいのときから眺めていたような・・・?
  小1のときその図鑑みながら、自分で魚の絵を書いて「魚釣りゲーム」作ったの覚え
  ています(笑



4.特別な思い入れのある『本』
  んー始めて俺が小説に興味持つきっかけ作ってくれたのは、「星新一」さんの「気まぐ    れロボット」かな
  SF短編小説集なんですけど、母親の本棚に有ったの読んでみたら面白くて小説には     まったの覚えています。
  一人暮らしするときも、親に言ってもらってきて、今でも本棚に入ってます。
  ちょっと気になったので、発行年みたら「昭和四十九年」Σ( ̄□ ̄|||)
  国語の教科書で写真みたとき、星さんってこんなじーさんなの?!って、自分のイメ
  ージ崩れたの思いだしました(;´Д`)


5.最後にバトンを回したい人5人&指定単語
  んーこのバトン面白いけど、指定難しいよね・・w
  
  りりに「旅行」
  湖弥に「音楽」
  忘れ雪さんに「動物」
  
  すみません。後思い付きません(汗
  書きにくかったら流しちゃって構いませんので、気が向いたらお願いします。




追記:
今、面白い本探してます。
オススメな小説とか本、ありましたら教えてください
スポンサーサイト

コメント

お題回答感謝ですw


私がこのお題に答えるならば…
初めて見たのは多分シンデレラとかの読み聞かせ系統、
思い入れがあるものは「はなはなみんみ物語」という児童書ですな。
友達に借りたもので、私がファンタジーにはまるきっかけとなった本です。
大人になってから全3冊買い揃えました…ハードカバーって結構お値段が(o_ _)o
【2006/02/26 20:09】 URL | 周 #ZA9zVw0U[ 編集]
周様>
コメントありがとうございます。
その本に少し興味でたので探してみようと思いますw
・・・・図書館でデスケド(ぁ
【2006/02/27 11:27】 URL | なおち #SFo5/nok[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:なおち
普通の日常生活やネットゲームROでの出来事などに付いて、気ままに書いていく予定です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。